タグ別アーカイブ: 風景印

フォルムカード「出水のツル」


2014年4月から発売開始された、「ご当地フォルムカード」。
地元鹿児島県からは、「出水のツル」が題材として選ばれました

ご当地フォルムカード鹿児島県版「出水のツル」。 ポスタコレクタのサイトの画像を引用しています。

フォルムカードは基本的に地元の物でも積極的に収集はしていませんが、私の嫁さんの出身地という事もあり、今回は記念品を作成することにしました。
偶然のタイミングで、少し前の2013年12月13日に発行された「地方自治法施行60周年記念シリーズ 鹿児島県」にも、出水のツルが描かれていますので、ある程度購入して出水のツル以外は通信用に使い、ストックしておきました。

押印の時期はツルが飛来している時期とあらかじめ思っていました。余程の事が無い限り、嫁さんの実家には正月過ぎに訪れるので必ず押印は出来ます。
今年は、嫁さんの実家に訪れる機会が少し早く作れました。以前懸賞で当たった、実家近くにある温泉の無料入浴券を「消化」するために、10月下旬に連休を作り帰省した際に、押印のための局メグを行いました。今年は10月上旬にツルが渡来していましたので、適正な時期に突入していました。

フォルムカード「出水のツル」に出水郵便局と米ノ津郵便局の風景印を押印

出水郵便局はツルが渡来している出水平野を描いています。 米ノ津郵便局は、伝統漁法「桁打瀬漁(けたうたせりょう)」の船と飛んでいるツルを描いています。

嫁さんが友人宅に遊びに行く送迎のついでに、局メグを開始することに。
出水市内でツルを描いた風景印を設置しているのは、出水郵便局、米ノ津郵便局、高尾野郵便局の3局です。
まずは、嫁さんの実家の最寄り局の高尾野局でフォルムカードを購入しようと思ったところ、高尾野郵便局にはフォルムカードの在庫が無く出水郵便局で購入して押印。その後、米ノ津郵便局で悲劇が起きました。
風景印を真上に押してもらうようにお願いしたつもりが、左斜め上に押しているではありませんか!!
無理矢理押せば、フォルムカードに3つの局の風景印は入れられると思ったのですが、バランスが悪いと感じたので心が折れて局メグを打ち止めました。

20141031

高尾野郵便局の風景印。ツルと近隣の紫尾神社で秋分の日に奉納される兵六(ひょうろく)踊りと紫尾山を描く。

翌日帰宅前になっても気持ちが収まらないので、高尾野郵便局に再訪問。
手持ちの私製はがきに風景印を押印しておきました。

今回押印した中で気になった事は、風景印の摩耗具合。
出水郵便局はは許容範囲内に、高尾野郵便局は原図を知らなければ局名の判読も難しいのではないかというレベルに摩耗しています。対して、米ノ津郵便局は二年前に押印した時と比べて消印のコンディションが良くなっているので更新したのでしょうか? 今シーズンは間に合わないかもしれませんが、来年のツルの渡来の時期には綺麗な風景印が押印できる事を期待したいです。

参考:訪問の3年前に押印した米ノ津郵便局の風景印。局員さんが「風景印の状態がねぇ」とこぼしながら、押印に苦慮されていた事を覚えています。