海外年賀切手(差額用)にベストマッチ?


家族から買い物に行きたいというリクエストで、南九州市川辺町にある巨大ホームセンターまで行きました。家族でホームセンター内のフードコートで食事した後、買い物する家族を置いてすぐ近くにある郵便局へ向かいました。
リクエストされた時にピンときたのと同時に、毎日通勤で近くを通っている郵便局なのに、今まで思いつかなかった事を残念に思ったのが、この切手と消印の組み合わせ。

tabeta-01

2014年10月30日発行の「平成27年用海外年賀切手(差額用)」の18円切手のペアに、「たべた」局の欧文印を押印。描かれた図案の寿司と天ぷらを「食べた」という駄洒落を考えたという訳です。

tabeta-02

1枚あたりだと手に入れやすい額面なので、何パターンか作っておきまして、調子に乗ってシートごと押印もしました。局名が読みやすいのは、上のように押印した場合だという事に気付きました。

Jpeg

「たべた」郵便局は漢字だと「田部田」と書きます。南九州市川辺町の西南部にある集落です。
金曜日の午後に局に訪問していますが、並ぶまでではありませんが来客が絶えません。
家族も待っていますので、手際よく作業と押印依頼を済ませて、局をました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です