1951年11月の料金改正による短期使用

鹿児島支部会報250号では、記念特殊切手の昭和26年11月の国内郵便料金改正に伴う短期使用例を紹介しましたが、同じく普通切手の短期使用例を紹介します。

私は普通切手のエンタイアは集めていませんでしたが、最近のヤフーオークションで偶然見つけたものです。写真の「昭和透かしなし」6円、8円切手もこの料金改正の直前に発行されており4~5か月の短期使用例になります。この二通のエンタイアは競争相手もなく、最低値で落札でき「郵趣人生初のお宝発見」となりました。

   第4種便 西宮/26.10.30  第1種便 広島・市村/26.10.16

近江支部 酒田義博 (代理投稿:永吉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください