90円額面文通週間切手の1枚貼り使用例3点


引き続き4月例会での披露品のうち、会報に載せる予定のない品の一部を、ここに掲載しておきます。この記事では、近年の文通週間切手貼りの外信カバーを3通紹介いたします。2003年~05年の90円額面切手1枚貼り航空便書状です。

タイあて航空便書状 YAMAHANA 6.XII.03

タイあて航空便書状 SHIMIZU 25.XII.04

タイあて航空便書状 HIGASHIYODOGAWA 7.XII.05

3通ともタイ宛ですが、差し出し人・宛先はみな異なります。すべてクリスマスカード郵便のようです。昔の海外あてクリスマスカードは印刷物便で送られたものが多いようですが、紹介品は書状です。近年は25gまでの定形サイズであれば書状を基本料金で送れるようになったので、こういう例が多いようです。20g以下で信書が入っていなければ、印刷物扱いにして70円で送ることもできたはずですが、そこまでケチろうとする人は多くなさそうです。

毎年の文通週間切手の「適正1枚貼りカバー」をすべて揃えようとすると、(費用はともかく)手間と保管スペースが大変なことになりますが、上例のように異なる差出人と宛名の品で揃えることができたら、きっと尊敬されるに違いありません。

(永吉秀夫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です