月別アーカイブ: 2018年6月

立山航空貼りでない125円料金航空便

こちらは併合料金制となった後の、第4地帯あて125円料金の航空便です。この料金の航空便は立山航空125円のゼロあり・ゼロなしの1枚貼りが普通で、他には100円普通切手+塔航空25円をしばしば目にします。

そんな中で、紹介品は塔航空40円3枚+年賀切手5円という貼りあわせです。なぜこんな貼りあわせになったのか、いろいろ考えましたが、やはりわかりません。あまり意味ある貼りあわせとは思えませんが、そんな品を手に入れたのは、昭和28年年賀切手の初期使用例となっているという理由からです。小型シート発行前の使用なので、確実に20面シート分の切手であることがわかります。

第4地帯あて航空便書状(料金125円) NAGOYANAKA 1953.1.6 → スエーデン

キジ航空の時期のキジ貼りでない航空便

キジ航空は59円とか144円というような妙な端数額面で発行されましたが、それはこの時期(1949.6.1~51.11.30)の各地帯あて航空増料金が、このような端数料金だったからです。全世界共通の「平面路料金」(書状なら24円)に、各地帯10gごとの増料金を加算するというシステムになっていました。

従ってこの時期の外国あて航空便は、キジ航空を利用した混貼となっているのが基本です。しかし実際には、基本額面の普通切手を貼り合わせた例も多く見られます。米国あて24円+59円=83円料金の航空便書状を、50円+30円+3円=83円の混貼としたものが代表的です。

下の紹介品は、台湾あての航空便書状(11~20g)です。平面路料金が20gごとであったの対し航空増料金は10gごとであったため、平面路基本料金24円+航空増料金16円×2=56円という料金になりました。キジ航空を使えば料金内訳どおりにキジ航空16円の2枚貼りという素晴らしい使用例になるところでしたが、普通切手50円+6円貼りという「つまらない貼りあわせ」になっています。しかしこの方が枚数も少ないし、当たり前な貼りあわせとも言えます。シミの見られるうす汚い封筒ですが、これはこれで50円や6円普通切手の有用な使用例と思えなくもありません。

第1地帯あて2倍重量航空便  大阪城東 S26(1951).1.25 → 台湾

普通切手の多数貼りーその2:外信便3点

引き続いて、普通切手多数貼りの外信便3点を披露しておきましょう。

第3地帯あて別配達航空便 NIWADANI(OSAKA) 1972.6.13 → 英国

料金210円の内訳は、第3地帯あて航空便書状110円+別配達料100円です。普通なら200円+10円とか100円2枚+10円、料金内訳どおりなら110円+100円貼りとなるところですが、これを70円3枚貼りで対応しています。70円切手のうち1枚は旧能面、2枚は約1年前に発行された新能面となっています。厳密には同種切手の多数貼りでありませんが、まあこれも趣深いものです。
別配達料は、1966年料金では95円でしたが、1971年7月に微調整されて100円となりました。一方基本航空便料金110円はそのまま据え置かれたので、このような210円料金と70円3枚貼りの機会がもたらされたことになります。
なお消印のNIWADANIは見慣れない局名ですが、漢字では上神谷と書くそうで、かなりの難読局名ですね。そのためかどうか知りませんが、上の郵便物が差し出されたあと3ヶ月ほど経った1972年9月1日に泉北局に改称され、現在に至っています。

第2地帯あて別配達書留航空便書状 SHOWA 1979.6.20 → 米国

特殊扱いが重なった高額料金の郵便物で、750円料金の内訳は、第2地帯あて2倍重量航空便書状200円+書留料300円+別配達料250円となります。500円+250円という貼りあわせも考えられますが、どうせ250円切手を取り出すのなら3枚貼ってしまえということで、このような姿になったものと推察されます。横長封筒でアルバムリーフに貼るには苦労しますが、250円切手の使用例としてはなかなか有意義なものと言えるでしょう。

第2地帯あて書留航空便書状 GIFUTONYAMACHI 1989.1.6 → 米国

第2地帯あて航空便書状100円+書留料350円=450円料金の郵便物に、150円切手を3枚貼りで対応してあります。150円額面を有効に利用した使用例と言いたいところですが、少々雰囲気がよろしくありません。
この150円切手はもともと速達料金加貼用として発行された切手ですが、1981年の料金改定後は用途がなく、増刷されていないと思われます。カラーマークのついた切手もありません。料金改定から8年近くたっての使用ということで、差出人が切手を貼って窓口にも持ち込んだものでしょう。書留便で書留票も貼られているのですが、この封筒にはウラにも差出人が書かれていません。このようなものを書留として受け付けるものでしょうか。
消印は満月状態である点、封筒に痛みが全くないのもよろしくありません。実際に書留扱いで送達されたものだとしても、収集用郵便であることは間違いないでしょう。

普通切手の多数貼り-その1:国内便2点

5月例会での披露品ですが、会報に掲載する予定は(今のところ)ないので、ここで紹介しておくことにします。同種切手のみを3枚以上貼った多数貼りです。まずは国内便から。

2倍重量速達便 京都百万遍 S55.7.7     配達証明便 石川北陸郵政局内 H6.7.22

1点目(左側)は封書50円時期の2倍重量速達便。料金は2倍重量定形書状60円+速達料150円=210円です。基本重量便の場合の「200円切手1枚貼り」に10円を加貼という形が普通でしょうが、70円3枚貼りというスッキリした貼り方もできました。この時期あまり用途のなかった70円切手の使用例として、なかなか面白いものではないかと思います。

2点目は、封書60円時期の配達証明便。定形書状80円+書留料420円=500円に配達証明料300円が加算され、800円という料金になりました。500円+300円、400円×2などいろいろな貼りあわせが考えられますが、紹介品は200円×4という賑やかな姿をしています。100円×8ともなると少々ゲテモノ的ですが、200円4枚ならばさほどの嫌らしさは感じられません。