月別アーカイブ: 2017年6月

「普通の普通切手」の多数貼り

10円ソメイヨシノ8枚貼り航空便書状  MEGURO 26.VI.62 → 米国

15円キク3枚貼り航空便葉書  MUSASHIFUCHU 28.IV.70 → 米国15円キク6枚貼り航空便書状  MOBARA 23.VI.71 → 米国

それぞれの時代の最もありふれた普通切手(国内書状用額面)を多数貼りにした、外国あて航空便です。全くの駄物ではありますが、一般人が買い置きしてあった切手を、高額の外国あて郵便に使えるだけ使ったカバーという意味で、有意義な多数貼りと言えるでしょう。ごく自然な使われ方をしています。使用量の少ない特殊額面の切手を、収集家がまとめて(無理に)使ったものとは一線を画しています。

10円ソメイヨシノは、単位額面切手としても、さまざまな郵便に幅広く使われました。8枚貼りで80円として使ったわけですが、8枚全部バラバラです。1枚ずつ使うつもりで切り離しておいた切手を、かき集めて貼りつけたのでしょう。封筒から少しはみだしている切手もありますね。

15円切手は、それだけで多数貼りとして使える例は限られますが、国際郵便の中で最も量の多い米国あて航空便料金が、葉書が45円、封書が90円ということで、うまい具合に15円切手だけで必要料金を構成することができました。なお45円葉書は「航空」の表示がありませんが、まあ航空扱いで送られたものでしょう。葉書の方はスペースが狭く、はみ出した上に重ね貼りになっています。本当はこういう貼り方はNGですが、まあやむをえなかったとして見逃してもらったのでしょう。

以上、5月例会で披露したカバーの一部を、記録としてここに残しておきます(永吉)。

ツェッペリン飛行船が運んだ郵便物

昭和4年(1929年)8月19日、当時世界最大の飛行船であった「ツェッペリン伯号」が、世界一周(北半球周遊)の途中で日本に立ち寄り23日までの5日間、霞ヶ浦に滞在しました。一般に「ツェッペリン飛行船」と呼ばれるのは、20世紀初頭にドイツのフェルディナンド・フォン・ツェッペリン伯爵によって開発された飛行船全体の通称で、実際にはそれぞれが名前を持っています。このうち、日本にやって来たのが、「ツェッペリン伯号」(グラーフ・ツェッペリン号)でした。

ツェッペリン号は世界一周に合わせて、郵便物を積み込み、着陸地に運んでいました。これは、飛行船の収益事業の一つだったようです。日本には約7700通の郵便を運び、また日本からも約5500通のアメリカ、ドイツ向けの、郵便物が積み込まれました。その料金は日本からロサンゼルスまで封書で2円10銭、当時の日本国内の郵便料金が封書3銭でしたから、国内郵便と比べてかなり高額なものでした。 写真は、その時積み込まれたアメリカ・ロサンゼルス宛封書のエンタイアで、昭和大礼記念10銭(当時、一番新しい記念切手)1枚と旧大正毛紙50銭4枚の計2円10銭の切手が貼られています。消印は「TOKIO21.8.29」の欧文櫛型印が押されており、封筒の右下には、丸型の 赤いスタンプが押してあり,真ん中に「GRAF ZEPPELIN (ツェッペリン伯爵号)」とあります。裏側にもカリフォルニア州ロサンゼルスの到着印があり、その日付は1929年8月26日になっています。

(参考文献「日本航空郵便物語」 園山精助著 )

近江支部 酒田義博 (代理投稿:永吉)