月別アーカイブ: 2015年1月

【風景印情報】風景印の更改タイミング


東桜島郵便局の風景印が更改予定だと聞いた時に、知ったです。

更改の時期が未定なのは、日本郵便九州支社の物品調達の都合によるもののようです。
東桜島局の方へ更改の時期を尋ねたところ、以下のような返答がありました。
・日本郵便九州支社へ更改の申請は行っているものの、申請後すぐに対応する訳ではない。
・日本郵便九州支社から風景印を製作する業者への発注には、一定数量以上が無いと行えない。
・上の理由から、他の郵便局からの要望がなければ、風景印の製作をしてもらえない。

上記のような状況のため、次回の風景印の更改では東桜島郵便局だけではなく、九州内の摩耗した風景印を使用していて更改の申請をした複数の郵便局になることが予想されます。

余談ですが、摩耗した風景印を利用している郵便局が多く、郵趣家としては悩ましく感じます。
郵趣家からできる行動としては、訪れた郵便局の風景印が摩耗しているようであれば、郵便局の方に風景印の更改が九州支社に申請しているのか訪ねてみて、(筋が違うのは重々承知の上)他の郵便局で摩耗した風景印の更改する手続きを行っているという情報を聞いたことを郵便局の責任者の方に伝えるというのはできるのではないでしょうか?(あとは、郵便局さん次第です)

【風景印情報】余談ですが東桜島局の風景印は更改予定


東桜島郵便局の風景印は摩耗しているため、日本郵便九州支社に風景印の更改を申請しているという情報を入手しました。
ただし、更改した風景印の使用開始日は未だ確定していないそうです。
東桜島郵便局の風景印の押印、急ぎでなければしばらくの間待ったほうが良いかもしれません。

私谷之口が東桜島郵便局に郵頼をした際、1月16日9時40分に局から問い合わせの電話があり、「県名表示の部分が読めないほど摩耗しているため、更改申請中。当日の押印は承ることはできるものの、急がなければ更改後に綺麗な風景印で押印したほうが良いのでは?」という提この部分の詳細は、別記事に案と確認がなされました。更改の時期は未定です(この部分の詳細は、別記事にします)。

更に詳しいことも聞きました。東桜島郵便局の風景印、2年程度で摩耗してしまうそうです。桜島が絡んで開催されるイベントのたびに、現地押印や郵頼などで押印する機会が多いとの事。

今回の私の押印に関しては、郵頼で押印を依頼したものが一度私の手元に戻り、新しい風景印が届いたら連絡をくださるよう、東桜島郵便局で対応してくださるとのことです。