月別アーカイブ: 2014年8月

エアバスA300初飛行カバー

初飛行カバー

鹿児島中央 56.3.1/着印:福岡中央 56.3.2 切手横のスタンプは東亜国内航空作成。鹿児島-福岡間独自の物。

息抜きでeBayを見ていて衝動買いしたFFC(初飛行カバ-)をご紹介します。
東亜国内航空(のちの日本エアシステム、現在は日本航空に統合)でエアバス社のA300の初就航を記念したものです。初就航の路線は、羽田-鹿児島間と福岡-鹿児島間の2区間。
そのうちの、福岡-鹿児島間のうち、鹿児島発のカバーとなります。
路線まで彫り込まれた記念スタンプのルックスを気に入りました。

FFCの題材となったエアバスA300は300機ほどの座席数を有している機材です。当時の鹿児島ー福岡間の短時間での移動は、空路での移動が圧倒的に優位性がありました。鹿児島市内から鹿児島空港までのアクセスは1時間近くと悪いものの、福岡空港から福岡市内へのアクセスは比較的良好でしたので、時間を求める方の利用がそれなりにあった証拠でしょう。
現在では九州新幹線に便数、乗りやすさで圧倒的な優位性があります。それを反映して、航空路線は日本航空の一日2往復しかも36席のプロペラ機での運航にとどまっています。

余談ですが、日本航空に統合する前の日本エアシステムの飛行機の虹色のような色を思い出す方もいらっしゃるはず。

エアバスA300の機体。日本航空のホームページから引用しています。

この塗装は、もともとエアバス社がA300のデモ用に塗装したものです。
それを当時の東亜国内航空の上層部がとても気に入り、エアバス社と交渉した上譲り受けられたものです。
日本航空に吸収された今も、子会社の日本エアシステムの一部のプロペラ機に使用されていて、運が良ければ鹿児島空港でも見かける事ができます。

フレーム切手のご案内

記念カードと同図案のフレーム切手も制作します。会場での記念押印用に使用することを想定した「記念文字入り」と、あとから絵画切手として使うことを想定した「記念文字なし」の2種類を制作します。

20140809ssk2014フレーム切手2基本的に支部会員のために制作する品ですが、希望があれば他の方にもお分けします。ご希望の方は、下記のメールフォームから御連絡下さい。ただし希望者数を正確に予測できないため、初回製作数を少数に絞っています。8月中に連絡いただいた方には、御希望どおりの数量を確保して会期前にお届けしたいと思いますが、御希望に添えない可能性もあること、ご了承下さい。希望数の受付可否、送金方法などの詳細は、「メールでのご相談」とさせてください。

本フレーム切手は、52円額面の20面シートで制作します。頒価は単片1枚あたり80円とします。会場では1枚単位で販売しますが、事前頒布は5枚単位でお願いします。送料は実費をお願いします。

多数のお申し込みありがとうございました。